保険料の払い込みが厳しいとき

解約の理由が保険料負担の軽減などの場合には、以下の方法で契約を継続いただける場合がございます。
  • 保険料の払い込みをやめて保障を続ける
    • 払済保険への変更
      解約返戻金があるご契約の場合、解約返戻金をもとに保険期間はそのままで保険金額を小さくし保障を継続することができます。
    • 延長保険への変更
      解約返戻金があるご契約の場合、解約返戻金をもとに保険金額はそのままで保険期間を短くし保障を継続することができます。
  • 保険金額・給付金額を少なくする
    • 保障額を減らすことで保険料の負担を軽くすることができます。
  • 払い込み回数の変更
    • 払い込み回数を月払いや半年払いに変更することによって、一時に支払う保険料負担を軽くすることができます。
  • お金を借りる(契約者貸付)
    • 資金が必要なとき、解約返戻金の一定範囲内で貸付を受けることができます。

詳細は、前のページに戻り、「お問い合わせ」ボタンからお問い合わせください。